無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

カテゴリー「ケーキ屋さん」の2件の記事

2013年12月23日 (月)

連休なのに。

 cloud

 連休なのに、休日授業日で、出勤です(バイトもあった)。天皇陛下の誕生日なのに講義していいのだろうか。

 研究会出張の車中で、日高義樹『アメリカが日本に「昭和憲法」を与えた真相』(PHP、2013年)を読みました。

 太平洋戦争(著者は「大東亜戦争」と)は、侵略戦争ではなく、日本が「近代国家として生きるための資源や市場を求めての経済戦争」であると位置づける著者の近著です。「外交の先には戦争がある」(227頁)というのが常識であるとされる国際社会。そのなかで「昭和憲法」をもつわが国の将来をどう考えればよいのか。わが国の安全保障政策についての転機を迎えつつあるいま、日本国憲法の制定意図、政治的背景等が、もっと多くの視点から論じられるべきであると感じました。

Dsc_0934 ところで、わが家の今年のケーキbirthdayは、武蔵塚の“Noji”さんのものになりました。ど~んというホールではなく、いろんなものが「つまめる」ものがよい、ということで。運搬中にすこしヅレてしまいましたが、そこは、ご愛嬌というところでしょう。

2010年6月14日 (月)

父親参観。

 なんだかんだで晴れのような曇りのような・・・。梅雨入り、してはいるようですが。

 昨日は父の日が近いということで、娘の幼稚園に「父親参観」に行きました。毎年、この時期に娘の幼稚園では父親参観があり、そこで去年までは空き箱や厚紙などの紙を利用したおもちゃ作りをしました。今年は年長さんということもあり、恒例の木工に挑戦しました。

 木工をするということになり、ノコギリとカナヅチを購入し(その他の道具や材料は幼稚園にある)たのですが、なにを作るのか考えてはいませんでした。登園すると“お集まりの時間”になり、幼稚園の先生が子どもたちに、なにを作りたいかなぁ~、と聞くと、なんにんもの子どもたちが手をあげて(この辺が大学とは違うのですが・・・)、たとえば「本棚」とか「足置き台」(まだ小さいので手洗い等に使うと思われる)などと答えていました。わが娘も手をあげていて、さて、なにをつくってほしいと思っているのかな~と興味津津で聞いていたら、「うさぎ」といいました。なるほど「うさぎ」かって、うさぎなんて、一体どうやってつくるのか!?“うさぎ”なんて、作れるはずないですよね~。第一、木の板をまるく切れませんよね~。

 それでもなんとか工夫を凝らして、なんとなく丸く切ったり、なんやなやとごまかしながら、“うさぎの置き物”を作った頃には予定時間が終わり、片づけの時間になりました。まだ色を塗ってはいないので完成ではないのですが、それでもなんとなく娘は満足したようでした。なんか久しぶりにノコギリやカナヅチを使って、(つくったのは“うさぎ”でしたが・・・)、木工も面白いなぁ~、と感じた一日でした。

 帰宅後、熊本市東野1丁目、健軍電停になんとなく近いケーキ・ショップ「菓樹」に行きました。

P1000189

 これも父の日(が近い)ということで、ケーキということなのでしょう。はじめて行ったケーキ屋さんでした。熊本ではそれなり(どころじゃなく、かなり)有名のよう。

 わたくし、マカロンやクッキーなどを大量に置いているケーキ・ショップのケーキの味には懐疑的(また、和菓子を同時に売っていると、もうほぼ100パー・・・、以下、自粛・・・)なのですが、ここは洋菓子の品揃えが豊富な上に、ケーキの味も充実したものでした。例外的存在なのでは、と思いました。

 HPをみると、有名なパティシエさんのお店のようです。(菓樹のHP)。

 という感じで、また月曜日になりました。みなさん、今週も頑張りましょう!(まずは、本日深夜の試合の応援を頑張りましょう!)。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31