無料ブログはココログ

わたしの著書

  • 憲法Ⅰ 総論・統治機構論
  • 憲法Ⅱ 基本権論
  • 著作権と憲法理論
  • ロールズの憲法哲学

カテゴリー「演習Ⅱ」の3件の記事

2017年4月25日 (火)

演習Ⅱ(第3回)。

 sun

 きのうの4年生のゼミ(演習Ⅱ)のレポートが届きました。当番はK・Iくんです。

 ----------

Photo 今回の演習では、「抽象的違憲審査制を導入するか、否か」というテーマでディベートを行いました。

 抽象的違憲審査制を肯定する側は、「現在の付随的審査制の下では、具体的な事件が発生しない限り違憲の疑いのある法律を改正することができず、手遅れのリスクが発生するのではないか」、「客観訴訟が許されていて、抽象的審査が許されないのはなぜか」といった主張をしました。

 それに対して、否定側は、「そもそも裁判所の役割は、具体的事件に直接の利害関係を持つ当事者の主張を踏まえてどちらが正しいかを判断するものであり、この基本姿勢を離れると司法や行政の均衡を失うこととなってしまう」、「客観訴訟においての違憲審査は、特定の者の具体的な法律関係を擬制しうる紛争において、法律命令等の合憲性を判断することに当たるので、法律の根拠があれば憲法上例外的に許される違憲審査といえるから、抽象的違憲審査とは異なる」、さらに、「近時、最高裁は違憲判決に対してある程度積極的な姿勢を見せているため、抽象的審査制の導入の必要はない」といった反論を行い、活発な議論がなされていたように思います。

 私が所属する班は否定側に立ち、私個人としても抽象的審査制の導入には否定的な立場でした。たとえ、抽象的審査制を導入するとしても、要件が緩いと政治や行政が司法へ介入するおそれがあり、要件を厳格なものとすると、抽象的審査制の効果が薄くなるのではないかと考えたからです。よって、導入の必要は無いとしました。

 今回のディベートを良いきっかけにして、このテーマに対して興味を持って今後勉強していきたいと思います!

 次回のブログは、ウィスキーを水のごとく飲むことで有名な我がゼミ長の担当です! 笑いあり、涙あり、全米が泣くほどの超大作を期待しましょう!!

 ---------

 はやくも次回の担当者に「バトンをわたす」という慣例ができ上った感がありますが、同時に、ハードルも高めているような、、、

 今回のゼミテーマは、新井誠先生編の『ディベート憲法』(信山社、2014年)を参考にさせてもらいました。

2017年4月18日 (火)

演習Ⅱ(第2回)

 sun 本年度から、ブログ新企画として、わたしが担当している「大講義」とゼミの様子を講義終了と当時にレビューする企画をはじめました。

 そのうち、ゼミについては、ゼミ生がリレーしてレビューしてもらうことにしています。で、そのトップバッターは4年生のS・Iくん。きのう(4月17日)の演習Ⅱについてレビューしてもらいました。

 ----------------

3488_2 今年度から「ブログ当番」を、誕生日の逆順で担当することになり(何らかの陰謀を感じるのですが)先陣を切らせていただきます。

 今回の演習では、「積極的安楽死を認めるべきか」というテーマについてディベートを行いました。私の班は否定派の立場で検討しました。主な争点としては、「致死量の薬を投入する行為は殺人に当たるのではないか」「自己決定権を尊重すべき」といったことが挙げられ、それぞれの班の立場でしっかりと議論がなされたと思います。

 しかし私自身としては、自分たちの意見や立場を相手に端的に伝えることができなかったと反省しています。今後数回のディベートが予定されているので、そこで挽回できるよう準備をして臨みたいと思います。

 なお、今回の演習に遅刻をし、10分以上皆を待たせた筋肉自慢の彼は、今後どのような形で反省の色を見せてくれるのか非常に楽しみにしています。

 さて、次回のブログ当番は、最近ゼミ内でいじられキャラが定着しつつあるあの人です!乞うご期待!

------------

 本日のディベートのテーマは、高橋昌一郎『哲学ディベート』(NHKブックス、2007年)を参考にしました。

2017年4月11日 (火)

第1回演習Ⅰ、第1回演習Ⅱ。

 sprinklecloud

 きのう、わが社でも本年度の講義が開始され、さっそくきのう演習Ⅱ(4年生のゼミ)ときょう演習Ⅰ(3年生のゼミ)がありました。4年生のゼミは月曜の5限、3年生のゼミは火曜の2限とそれぞれ時間帯が違うのですが、初回のゼミだけは両方をゼミに出てもらって、それぞれの学年にむけて自己紹介してもらいました。

 自己紹介の内容は、名前・出身地・特技等にくわえて、自分の「名前の由来」を話してもらいました。わたし、この「名前の由来」って、結構、好きなんですよね。

 学生にはそれぞれ名前があります。この名前、当たり前ですが、適用につけているわけではないでしょう。それぞれには親御さんやご家族の「思い」が宿っている。また、先祖代々受け継いでいるような漢字があったりする。苗字とのバランスや、呼んだときに「響き」のようなものも重要・・・。そうそう、いまでも画数も重視されています。という具合に、名前、多くは漢字でも平仮名でも1~3字、単純なようで、そこにはたくさんの「思い」や「願い」といったものが含まれているのです。

 ところで、「名は体を表す」といいます。これは、名前はその人がもっている本質を表している、という意味だと思います。でも、そうですよね。生まれてから手が離れるまで、毎日、名前のようになるように願われつつ育てられてきたわけですから。それは、僅かなことかもしれないのですが、それでも、多くの人にはその名前の片鱗を見ることができるように思うのです

 ということで、わたし、自分も自己紹介するときに名前の由来をいったりしているのですが、学生に自己紹介させるときにも、自分の名前の由来をいわせて、その顔や声や雰囲気や・・・からいろいろな「思い」を見ようとしています。

 そうそう、わがゼミ生、3年生22名、4年生21名で、計43名。学年毎でも20名を超えているので、なかなか学年を超えて交流、親睦を深めることが難しいとも思われます。ただ、両学年で交流、親睦できる機会をできるだけつくって、お互いの顔と名前が一致しないなんてことがないようにしたいと思います。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30